【閲覧注意】母の再婚相手が色々とアウトだった話。10

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

前回の話のつづきです。

第一話はコチラ

 

性的な表現、性虐待表現等出てきます。

直接的には描いていませんが、不快に感じる可能性が大いにあります。

この下からの閲覧は自己責任でよろしくお願い致します。

 

本編

 

 

ずっと目を瞑っていたのでわかりません。

 

この出来事は、私が5年生の1月1日に起こりました。

お正月という特別な日に起ったので、

更に忘れることができなくなったのでしょう。

 

時間は正確にはわかりませんが、

母の出勤時間前に起ったのでたぶん午前3時ごろ。

 

この2か月後に初潮があったので、

何歳の時の出来事かも覚えています。

 

色んなタイミングががっちりと絡まって、

何歳の時の、何月何日の、何時ごろか。

 

全て、忘れたくても忘れられません。

 

 

「予想外の出来事があると、人は声が出せない。」

という話は聞いたことがありますが、本当に声を出せませんでした。

 

最初のその一瞬、声を出すタイミングを逃すと、次はもうないのです。

そのあとに声を出すのは、すごくすごく勇気がいると思うんです。

 

子どもの私はそんな勇気はなく、

また、子どもながらの楽観思考で

 

「あと少し気づかないフリをしていたら、いなくなってくれる」

 

と考えていました。

 

 

目をつぶっているだけで何をされているかは

直接見てはいません。

 

でもはっきりと感覚があります。

小学5年生、知識も少しあります。

 

私のこれからの生き方、

男性への見方が一変した最大の出来事です。

 

 

つづきはコチラ