母の再婚相手が色々とアウトだった話。43

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

前回の話の続きです。

 

第一話はコチラ

 

本編

 

 

高3の後半は楽しかった。

 

話が飛び飛びで申し訳ないです。

 

合格してからは色々と楽しくしていました。

バイト仲間もできてそれなりに楽しかった記憶がある。

 

基本うちの高校はバイト禁止だけど、

進路が決まりさえすれば黙認してくれていました。

(わざわざ先生に言ったりはしないけど。)

 

バイトしたり遊んだりしてOとの接触が極端に減ったので

それに関してはすごく気持ちが楽でした。

 

バイトをしこたま入れていたのは

大学進学後、家賃以外は奨学金と自分のバイト代で

賄わなければいけなかったので、少しでも多く貯めておこうと

思ってやっていました。

 

当時の時給が680円だったと思うんだけど、

思いっきりシフトを入れたときは

月8万近く稼いでた気がする。

 

自給糞安。

 

ちなみに高校の頃のお小遣いも月2千円(携帯代は親)だったので

バイトを始めるまではお年玉の分割と月2千円で遊んでた。

 

周りの友達は大体5千円もらっていたので

本当に羨ましかった。

 

 

基本的に私は下ネタをよく言う方なんだけど

(確か小学校高学年ぐらいから言うようになった。)

 

そういう行為に憧れていた反面

めちゃくちゃ気持ち悪いと思っているという

矛盾を抱えておりまして、

 

それを周りに知られないようにするための

手法としての下ネタだった。

 

完全な耳年魔&知ったか←

 

適当に相槌打ってたら知ってるように

思われていることも多かった。

 

今まで一度も彼氏がいなかったというわけでもなく

そういう名目の相手は何度かできたコトがあるが、

中学生後半くらいになると

男の子も色めき立ち始めるので距離を置くようになっていた。

 

高校時代は好きな人はいたが

浮いた話は一度もなかった。

(男子と話さないから)

 

それもこれも私がおかしいからなのか、

今後一生彼氏ができないのか、

愛のあるセックスはできないのだろうかと

悩んだ時もあった。

 

続きはコチラ