母の再婚相手が色々とアウトだった話。45

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

前回の話の続きです。

 

第一話はコチラ

 

本編

 

 

男はいいよね。

 

大して偉くもないのに偉そうにできて、

何をしても許されるんだから。

 

 

私が男性に対する偏った考え方を持ったのは

まぎれもなく家族の言動。

 

 

殴られようが

怒鳴られようが

進路を狭められようが

 

親の言うことは聞かないといけないし

目上の人には丁寧な言葉遣いをしなきゃいけないし

男の人は立ててあげないといけない。

 

 

大して稼げなくても

酒で暴れても

気に入らないことがあるとすぐ殴っても

 

父親が一番偉いんだよ。

 

 

 

あほくさいよね。

 

 

あほくさいよ。

 

 

そんなことなら私だって男に生まれたかった。

 

 

セクハラされることも、無駄に虐げられることも、

性被害者になることも、

嫌なことを我慢することも

 

何もないなら男になりたかった。

 

 

思春期の頃はずっとそう思っていました。

 

 

何度も全て暴露してやろうと思ったことはあって

そして何度も踏みとどまった。

 

きっとこの家族は私の話を完全には信じないだろうと

いつのまにか気づいたけど、

多分このころから薄々わかっていた。

 

そしてきっと私にも非があるように言うんだよ。

 

 

続きはコチラ