母の再婚相手が色々とアウトだった話。46

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

この話についての質問でよく

「妹との関係はどうですか?」というものを頂くので

そのアンサー記事です。

 

時系列はバラバラではありますが、前回の話の続きです。

 

第一話はコチラ

 

 

妹は大っ嫌いだった。

 

 

 

そして子ども嫌いへ…

 

妹がしゃべるようになるとそれはもうマジで口を開くと私を小バカにするようなことばかり言ってきてて本当に本当に嫌いでした。

 

何がダメって完全にOの言葉遣いを真似してるんですよね。

 

親の言葉遣いを真似するとは言うけど、私は何もバカにしていないのにひたすら4、5歳の子どもにバカにされるのは耐え難いです。

 

それを止めない親にもイラっとしたし、

 

「あぁ、クソの子はクソなんだな」という気持ちになり大っ嫌いでした。

 

 

妹のおかげで(元をたどればOのおかげで)立派な子ども嫌いになりましてね。

 

女子の小さい子見て「きゃー!可愛い~!」とかいうの見ても

「は?何が?」ってなってたし

「「可愛い~」って言ってる自分が可愛いと思ってんだろ」くらいにひねくれてました(笑)

 

 

親は親で夜に私に預けたっきり何時間も帰ってこないってこともあるし、私はこの頃も文章のみのブログを毎日更新していたので「クッソブログしたいのにできんやん」ってイライラするし、そもそも嫌いな妹の隣で寝るのも嫌でした。

 

妹が3歳くらいの時からたまにこういうことがあって、3歳の子どもを中学生に(一応祖父母がいるが)預けて出かける両親って何ぞって思ってたし、自分で面倒見れんなら子ども産むなや位には荒んでいました(笑)

 

 

とにかくOの分身のような憎まれ口を言ってくる妹を好きになれるわけもなく、邪険に扱っては母に怒られるの繰り返し、何歳離れていようが私は妹が欲しいなんて一言も言ってないしお前らが勝手に作って産んだだけなんだからこっちに迷惑かけるなって思っていました。

 

いやぁ、今思うと荒んでますね~~~(笑)

 

 

そのおかげで子どもキライになり、子どもキライな自分はきっと欠陥があるんだと思っていたし、子どもは欲しくないから結婚もしたくないという考えを高校生の頃から持っていた気がします。

 

なので適当に遊んで仕事したら30歳くらいになったら死にたいなと思っていました。

 

長く生きていても無意味だなと。

 

 

ただ妹が嫌いだけど本当に嫌いになりきることはできず、誕生日プレゼントを用意したり面倒見てたりは時々してました。

 

今は一応それなりに仲良くやってますが、妹が距離感考えないスキンシップしまくってくるのでそれはいまだに苦手です。

 

 

答えになったかな?

妹の関係はこんな感じです。

 

続きます